診療内容 一般歯科 抜かない、削らない、痛くない歯の治療を目指して

一般歯科の特徴

佐々木歯科医院の治療ポリシー

  1. 1. 歯をできるだけ抜かない、削らない。
  2. 2. 痛みをできるだけ感じない、無痛治療の実践。
  3. 3. 部分入れ歯から総入れ歯まで、すべての入れ歯を、丁寧に作り込みます。

将来を考え、できるだけ歯を削らずに保存する治療

一般歯科では保険診療を中心に、虫歯や歯周病の治療、入れ歯の作製、予防診療など、様々な歯のトラブル、お口の中の健康維持に関わる診察・治療を行います。歯科治療にあたって佐々木歯科医院では、可能な限り歯を抜かない削らない(MI minimal Intervention)ことを診療方針のひとつにしています。歯科治療では、「こうすれば全ての人に効果がある」という魔法のような治療法は残念ながらありません。でも、できるだけ歯を削らずに保存し、治療中の痛みを最小限に抑えることはできるのです。

痛くない虫歯治療を患者様の立場で実践

歯科治療には、痛みをともなうイメージがあります。しかし、状態によっては、痛みを感じない、痛みが少ない治療も可能になっています。佐々木歯科医院では、できるだけ痛みを感じない「無痛治療」に積極的に取り組んでいます。
例えば、選択肢として、マスコミでも話題の3MIX-MP法や静脈麻酔鎮静法、笑気麻酔、レーザー治療などがあげられます。そうした技術、設備の効果が発揮される最良の治療法を皆様と一緒に考えてゆきます。

上部へ移動

虫歯治療

初期の虫歯は痛くない、だから定期検診が大事

ごく初期の虫歯なら削らずに治療できます。歯の掃除や丁寧なブラッシング、ご自身の唾液の力、またフッ素、キシリトールなどを用いることで、虫歯の進行を止められるからです。
しかし、問題は初期の虫歯は全く痛くないということです。
歯科検診を受けなければ、初期の虫歯に気づくことはほとんどありません。でも、日本人の歯科検診の年間受診率はわずか5%。大多数の人は歯が痛くなってから歯科医のもとへ行くのです。残念ながら、大きく成長した虫歯は、削らなければ治せません。次の絵は、虫歯の大きさに応じた治療方法を表しています。

  1. 1.ごく初期の虫歯です。痛みもないので、この段階で発見できれば、最小限の治療で虫歯を治せます。1.ごく初期の虫歯です。
    痛みもないので、この段階で発見できれば、最小限の治療で虫歯を治せます。
  2. 2.虫歯が進行し、大きくなりました。冷たいのもや甘いものがしみるようになるのはこの段階です。2.虫歯が進行し、大きくなりました。冷たいのもや甘いものがしみるようになるのはこの段階です。
  3. 3.虫歯が神経に達しました。ここまで大きくなると、四六時中歯がズキズキと痛んできます。3.虫歯が神経に達しました。ここまで大きくなると、四六時中歯がズキズキと痛んできます。
  4. 4.歯の上の部分が崩壊。ウミが根の先にも溜まり、不快症状が続きます。4.歯の上の部分が崩壊。
    ウミが根の先にも溜まり、不快症状が続きます。

大きな虫歯でも、治療を受ければ痛みを抑えることができます。しかし、虫歯になる前の状態に戻すことはできません。治療をして、歯を削った範囲は樹脂や金属で詰め、神経がダメになった歯は被せ物をします。
例えば、上記の絵の「1」は、歯を削らない、あるいは簡単に樹脂を詰めるだけの治療ですみます。「2」以降は、治療範囲が大きくなるので、歯をしっかりと補強しなければなりません。
虫歯は予防が第一です。 佐々木歯科医院では、歯磨きのやり方を歯科衛生士が丁寧に説明します。年に2~3回検診を受けていただくだけでも随分変わってきます。一緒に頑張りましょう。

治療内容 保険内治療 保険外治療

インレー(神経を残している場合)

※写真は奥歯の場合です。
 部位が異なれば、治療法が変わります。

保険内治療 インレー(神経を残している場合) 保険外治療 インレー(神経を残している場合)

クラウン(神経を取っている場合)

※写真は奥歯の場合です。
 部位が異なれば、治療法が変わります。

保険内治療 クラウン(神経を取っている場合) 保険外治療 クラウン(神経を取っている場合)

上部へ移動

歯周病の治療

歯周病は知らず知らずのうちに進行する

歯周病は、痛くならず自覚症状がほとんどないまま年数をかけて進行します。
だから、気づいた時には、末期状態になっていることが珍しくありません。 歯周病とは、歯茎の病気の総称であり歯肉に限局した炎症が起こる病気を歯肉炎、他の歯周組織にまで炎症が起こっている物を歯周炎と呼びます。実は、人類史上最も感染者数の多い感染症でもあり、ギネス・ワールド・レコーズに載っているほどなんです。

歯石は細菌のかたまり、増殖して毒素を増す

歯周病の原因は、歯周ポケットの周りに付着したプラークです。それが石灰化した物が歯石で、歯石は暮らしの中で必ず溜まります。
そして、歯石は細菌のかたまりなので、増殖して毒素を増します。
何ヶ月、何年もかけて蓄積された歯石は、気がつかないうちに歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。多くの日本人が入れ歯を使う大きな理由です。

歯周病は30代で8割がかかる。30歳以降はケア年齢

日本における歯周病は、30代で8割がかかる国民病ともいえる疾患です。これは、 欧米各国と比べてダントツに高い数値です。では、なぜ日本には、歯周病で苦しんでいる人が多くいるのでしょう。
その理由は「歯石を定期的に取る習慣があるかないか」だけなのです。
歯石を定期的に取れば、歯周病菌は爆発的に短期間で増殖しません。また、歯周病の進行を大幅に遅らせることもできます。そうすることで歳を重ねても健康な歯でいられるのです。

歯周ポケット3~5mmブラッシング時に出血がある。この時期の治療はごく簡単に終わる場合がほとんど。ブラッシング時に出血がある。この時期の治療はごく簡単に終わる場合がほとんど。

歯周ポケット4~7mm歯茎の痛みが時折出たり、口臭が強くなります。歯を支える骨がかなり破壊されています。歯茎の痛みが時折出たり、口臭が強くなります。歯を支える骨がかなり破壊されています。

歯周ポケット6mm以上歯がグラつき出します。出血が収まらず、ウミも出て食事に不自由する場合もあります。歯がグラつき出します。出血が収まらず、ウミも出て食事に不自由する場合もあります。

上部へ移動

はじめよう!予防歯科

一生自分の歯を使うために、しっかり予防

虫歯も、歯周病も、細菌感染が原因で、適切な治療をしなければ症状は悪化します。 現代の歯科医療ではこれらの病気を完全に防ぐことはできません。しかし、病状を抑えて最小限にすることは可能です。そうすれば、いくつになっても美味しく食事ができる健康な歯を保てます。
適切なケアを習慣化していれば、自分の歯で一生過ごすことは、決して難しいことではありません。今悩んでいる歯の不快症状の治療は私たちにまかせてください。 その後は、ご一緒に予防歯科を始めましょう。

上部へ移動

診療特集

患者様の関心の高い歯科治療や最新治療について、佐々木歯科医院の考え方や治療方針・治療方法を特集記事にしています。

特集 小児矯正 矯正を受ける前に

子供の歯の矯正(小児歯科矯正)の治療方針・治療方法

特集 インプラント 失敗しないインプラント

トラブルにならないインプラント施術&治療方針・治療方法

所属医師会

大阪府歯科医師会
大阪府歯科医師会 所属

阿倍野歯科医師会
阿倍野区歯科医師会 所属

佐々木歯科医院スタッフブログ

スタッフ募集

お問い合わせ